エロタレスト依存のエログをSEO特化にした結果【続編】

前回の記事で書いた「エロタレスト依存のエログをSEO特化にした結果」の続編です。

エログAとエログBを8月の上旬にエロタレスト依存型からSEO特化型にしてみました。

あれからだいたい3ヶ月経過した現在の検索ユーザーの推移をご報告します。

エロタレスト依存のエログをSEO特化にした場合の検索ユーザー数の推移【3ヶ月経過後】

エログAの検索ユーザーの推移

わずかではありますが、検索からの流入が増加しました。しかしエログAに至ってはまだまだ不安定な様子。またエログAについてはもともとがエロタレスト仕様に特化したエログであったので、現在その仕様を大幅に変更してます。

その仕様変更がどうなるのか。1年位は待たないと結果がでないかもしれませんが、気長に更新を続けて観察していきたいと思います。

エログBの検索ユーザーの推移

エログBについては至って順調です。前回報告時には検索ユーザーが5000程度でしたが、それが今や10000を超えるようになってきました。短期間でこれだけ上昇してくれるとは意外でした。要因として大きいのはエロタレストよりも上位表示できているワードがちらほら出始めたこと。この調子でどんどん検索流入が増えることに期待したいと思います。

※両エログとも10月9日あたりで大きく凹んでいるのは、レンタルサーバー側で障害があったからです。

また何かあれば報告します。それではまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA